スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通信関係を、ケイオプティコム(eo光&mineo)にまとめました

我が家が契約しているMVNOは、0sim(ソネット)、およびmineoです。(IIJMioは両親が使用しています。)
回線の使用感は使用者でないとわからないものですが、我が家の場合、0sim以外では特に不満は出ていません。
管理は私がしており、請求日もバラバラで面倒になってきたので、ひとつにまとめることにしました。

結論としては、mineoにまとめました。
mineo(マイネオ)は現在紹介キャンペーン中です。紹介者・申し込み者双方にAMAZONギフト券1000円分プレゼント中です。ご紹介者がおられない方はぜひご利用ください。

mineoを選んだ理由
1.eo光とまとめて請求がくる・・・管理が楽
2.速度にべつだん不満がない
3.家族割引・複数回線割引がある(基本料から50円引)

現状では、0simは速度が遅すぎて、モバイルデータ通信は使い物になりません。
通話やSMSは問題ないので、ネットしすぎが心配なお子様に持たせるならありかも?スマホの意味が薄くなるような気もしますが・・・
SNSも遅延上等なので、学生は厳しいかもしれません。

IIJMioは問題なく使えているようなので、こちらも考えましたが、
家族でデータをシェアできるファミリープランの場合、名義を一つにまとめる必要があるんですね。
この点で、キャリアでいうファミリー割引とは全く違います。
どちらかというと、一人の名義で複数回線を契約する契約を「ファミリープラン」と呼んでいるだけ、です。
夫と私の名義をそろえなくては契約できないため、見送りました。

mineoの場合、名義が異なっていても、家族でパケットを分け合うことができます。
家族どころか、mineo利用者全員が使えるフリータンクに余ったパケットを寄付したり、パケットをもらったりできるシステムもあります。
パケットギフトを家族間で贈りあえば、家族の間で、実質無期限でパケット繰り越しができます。
複数名義で契約するメリットがあるわけです。

mineoは、格安SIMで目立って安いというわけではありませんが、このような独自の工夫があり、それぞれに利用状況に合わせやすいと思います。

これで、eo光+光電話が約5,500円/月、mineoがスマホ2台で約3,500円/月、ガラケー2台で約1,500円/月。
4人家族の通信料は、月に約10,500円になります。多少の増減はありますが。
(ちなみに、IIJMioはスマホ2台のファミリー契約で、3500円弱/月程度)
現状ではこんなものかな、と思います。ガラケー2台がそのうちスマホになるでしょうが、その時はまた考えます。
子どもたちは電話することが少ないため、データ専用SIMで十分かも?
スポンサーサイト

古いノートパソコンのHDDをSSDに換装しました。

家族が(たまに)使っているノートパソコン、レノボのG465。
古いパソコンではあります。ですが、起動からしてあまりにも遅いのです。スマホに慣れた身には辛すぎるレベルです。起動後も遅いです。とにかく遅い。買い替えてもいいのですが、そんな使わないんですよね。IPADがあるから。
でも、たまに使うので、この遅さはなんとかしたい。
Windows7だから?それとも、CPUがインテルじゃないのがダメなの?
メモリ不足?など、いろいろ考えたのですが、検索すると、SSDに換装してとても快適になった、という話が散見されます。
やり方なども紹介されていたため、やってみました。

G465(438292J)のスペックです。
CPU :Athlon II Dual-Core P340 2.2GHz/2コア
メモリ:3GB(2GB増設)
HDD:250GB HDD
OS:Windows 7 Home Premium

HDDはWDの250GBがのっていましたが、空き容量を見ると、半分以上空いていました。
メール、年賀状、ネットショッピング、検索くらいにしか使っていなかったので、スカスカなんですねー。
それで、SSDはお手頃価格の120GBを選んで楽天で注文。

6,000円弱+楽天ポイント5倍でした。
もともと入っていたHDDと同じメーカーなのは偶然です。
カカクコムなどでもまあまあの評判で安価なので選びました。

HDDの交換といえば、普通はクリーンインストールを考えると思います。
まずバックアップを取り、HDDを交換し、OSをインストールし、アプリケーションをインストールし、バックアップから必要なデータをコピーして完了。今まではそうしてきました。

ただ、G465には、リカバリディスクがついていません。リカバリディスクは自分で作成してね、というスタンスの製品です。
そのため、まずリカバリディスクを作成しないといけないわけですが、どうも内蔵DVD-RWドライブの調子が悪い。ディスクを入れるとなんだか変な音がしています。
悪い予感がしつつリカバリディスクを作成しようとしたものの・・・案の定途中で作成に失敗しました。
それで、リカバリディスクからのインストールはあきらめました。

次に試したのが、HDDのクローンです。
クローンというのは、HDDをそっくりそのままコピーしてしまうことです。
バックアップとは違い復元作業などは必要ありません。クローンに成功すれば、ドライブを差し替えるだけで引っ越し完了。なんて簡単便利なんでしょう。簡単すぎてなんだか怖い。

まず、検索窓に「HDD SSD クローン」と入力し、先達によるレポートを読んで勉強します。
【まとめ】HDD→SSDクローン換装の作業!SSD購入から換装後の最適化まで!
↑こちらのサイトでは失敗内容まで丁寧に紹介されており、参考になりました。ありがとうございます。

手順としては、以下の通りですね。
1.空のSSDを用意し、コピー元のパソコンに接続する。
2.クローンソフトを使って、HDDからSDDにクローンする
3.HDDとSDDを交換する。
これだけ。成功するとこれはうれしいかも。

1.まず、SDDをパソコンに接続する方法ですが、これは、我が家にあったHDDケースを使いました。

これです。開け閉めが簡単で、半透明なのが気に入っているケースです。
動作確認できているケースならどれでも大丈夫と思います、たぶん。

ケースに新しいSSDを入れ、USBでつなぐと、認識はしますが使える状態ではありません。
フォーマットしたいのですが、利用不可、と表示されるだけでアクセスできない。あれれ?と思い、ここでまた検索。
SSD換装で快適に!Windows7でフォーマットする3つのポイント
こちらの記事にお世話になりました。ありがとうございます。無事フォーマット完了。

2.いよいよクローン作業に入ります。
結論から言えば、フリーソフトの「EaseUS Todo Backup Free 10.0」を使ってのクローンで、
一度目は失敗し、二度目で成功しました。
一度目は「クローン」を選択し、最後にクローン失敗のエラーが出ました。250GB→120GBの容量ダウンのためフルクローンはちょっとマズイかも?とは思ったんですよね。やっぱりマズかったのかな。
失敗したので、自動で割り振られたパーティションをすべて削除、再度フォーマットしました。
二度目は、「システムクローン」を選択。うちの環境ではCドライブがまるまるクローンされ、成功しました、との表示。

3.ドライブを交換します。
PCの電源を切り、バッテリーを外し、パソコンの裏蓋を開け、HDDを取り出してSSDと交換します。
プラスドライバー一本でできました。
元通りにネジをしめ、バッテリーをつけて恐る恐る電源を入れると・・・無事起動しました。

今回はこれで完了です。
もともとCドライブに全部入りだったので、アプリケーションなどを再インストールする必要もありませんでした。
これが自分のPCだと、アプリケーションはドライブを分けてたりするので、追加作業が発生すると思います。
構成がシンプルだと引っ越しもしやすいですね。

メモリ増設もしていませんが、起動も早くなって十分に実用できるレベルまで改善しました。
完全にHDDがボトルネックだったんですね。1万円もかからずここまで早くなるのは、ちょっと感動的です。
外したHDDはメモと一緒に保管しておきます。SSDが万一動かなくなったときは、このHDDの出番ですので~

枕を買うのです。やっぱりテンピュールかな。

新たに枕を買おうと思っています。

いまは、枕カバーにバスタオルをたたんで詰めて簡易枕として使っている状態です。
意外にもこれがまあまあいけるのです、以前テレビ番組で見た方法ですが、悪くない。
まあ、でも、悪くはないのですが、テンピュールはもっと快適だったので、やはり、あの寝心地を取り戻したいと思うのです。

私が使っていたのは、テンピュールミレニアムネックピロー(XSサイズ)で、今は子どもが使っています。

テンピュールは保証が長めで安心です。実際、テンピュールは3年よりもっと長く使えますから、試着?というか、試してから購入したほうがいいですね。私が購入したのは5年以上前だと思います。名前は同じですが、もしかしてモデルチェンジしているかも?
寝装品は毎日使うものなので、価格はもちろんですが、自分に合うかどうか、しっかり吟味しないと、です。安価なもので何度も失敗し買い換えた経験からそう思います・・・。


さて、かれこれ5年以上快適に愛用してきた、ミレニアムネックピローをもう一度買うのか、
もしくはテンピュール製品でも違うモデルにするか・・・悩み中です。
ミレニアムはXSサイズでもそれなりにホールド感があります。それでとても楽に眠れるのですが、ただ、たまに違う姿勢で寝たくなることがあり、そういうときはちょっと難しいんですよね。
リバーシブルで使えるシンフォニーピローという新しいモデルがあるらしく、そちらは裏表でホールド感が異なるようです。
どうなんだろう、気になるな~。
うーん、テンピュールのショールームに行ってこようかなあ。

使用中のアレルギー対応寝具とレビュー

喘息の子どもがいると、寝具には気を使います。

我が家で利用しているのは、ロイヤルスター羽毛布団(西川リビング)、ダニゼロックのカバーリング(ヤマセイ)、マイクロマティーク毛布、そして、パシーマです。
枕は、テンピュールミレニアムネックピローXSです。本体は洗えませんが、ダニゼロックの枕カバーを使い、こまめに洗濯すれば問題ないです。
子どもは自分でタオルを毎日巻いて寝て、毎日洗濯に出しています。肌触りが好きなようです。

布団は、アレルギー対応のダクロンわたを使った商品も試しました。
が、寝心地が劣るのか寒いのかわかりませんが、親の羽毛布団に入り込んでくるため、ロイヤルスター羽毛布団に買い換えました。
単に甘えっ子の可能性もありますが・・・これでよく寝てくれるようになりました。

喘息っ子本人の布団カバーはすべて、ダニゼロック(ヤマセイ)です。
綿100%の肌触りを重視しました。高価ですが、厚手でしっかりしており、長持ちです。
新しいものを買ったら、古いものは家族に回しています。鼻炎にも明らかに効果があります。
直営店?のヤマセイ楽天市場店で購入しています。たまにセールもあるので、ちょこちょこチェックします。

本人の羽毛布団は、ゴアテックス生地を利用したロイヤルスター羽毛布団です。
購入して数年たちますが、買ってよかったです。洗えないのでカバーは必須。
症状が消えてもずっと使わせるつもりです。
祖母が、喘息再発してかわいそうだったので・・・症状は治まっても体質は一生あるので気を付けないと、と思っています。

DP390、グースダウン90%の商品を購入しましたが、ちょっぴり後悔しているのは、DP400以上を選ぶべきだったかな、ということです。
子どもは暑がりなので、真冬でもこの羽毛布団+パシーマで十分のようですが、大人の場合、冷え込む日にはプラス一枚ほしくなります・・・。
現在、ゴアテックス生地での羽毛リフォームもできるようですし、良い羽毛にしたほうが長い目ではいいかもしれません。
よい羽毛のおふとんがあるなら、ゴアテックス生地でリフォームできるようなので、それを利用するのも賢いかも。↓
西川リビング リフォーム 「ロイヤルスターコース(ホワイトグースダウン90%追加)」
羽毛はリフォームすれば、数十年使えますから~。夫の羽毛布団は二回リフォームして20年以上現役です。

パシーマも不可欠な寝具の一つです。年中毎日使っているのはこれだけかも。それほど使っています。
シンプルなシングルタイプが一番おすすめです。冬はシーツとして敷いたり、羽毛ふとんの下にかければ蒸れずに快適、夏はケットとして、、、無限の利用価値があります。
そして長持ち。いまだ一枚も買い替えなし。洗いまくってるのにすごい、すごすぎる。

マイクロマティーク毛布は、我が家の場合、なくてもよかったかな。
子どもが肌触りが好きなのでおいてありますが、よく蹴とばしています。意外に使える時期が短いのですよね。
毛布よりは、軽い肌掛けを毛布代わりにするほうが勝手が良いようにも思えます。

その羽毛の肌掛けこと、ダウンケット。
アレルギー対応のものは購入していないため、ダクロンの肌掛けを使わせていますが、案の定、蹴っ飛ばしているんですよね。
子どもは暑がりなので・・・羽毛にしたところで一緒かもしれませんし。悩ましいところです。

袴用のボトムハンガー

我が家には、武道をたしなむ家族がおりまして・・・
以前から袴用のボトムハンガーに悩んでおりました。

袴は、それなりの重量があります。
洗濯後、水を含んだ状態でチャチなボトムハンガーを使って干せば、重さに負けて落ちてしまいます。
また、通常のボトム用ハンガーだと幅が足りません。

これまでは、お手頃価格で、クリップ力が比較的強く、幅が広い、IKEAのボトムハンガーを使っていました。
が、フック部の首が短く、背当ての部分が当たって干しにくいうえ、やはり落ちてしまうことがありました。
また、作りが荒いのか、クリップが歪みやすいのか、耐久性に少々難があります。
ボトムハンガーとして我が家でも定番になっているマワハンガーは、幅が小さく、フックも短いため、袴には適しません。

そこで、
耐荷重がすぐれており、洗濯物に使ってもさびにくく、幅が広く、頻繁に買い替えなくて良い、金属製のボトムハンガー。
デザインが良ければもっと良い。
探しておりました。

ありました。

楽天のレビューでも★5のこちらのハンガー。
袴を干すためのハンガーとしても、必要にして十分の商品だといえます。

まず、作りがきれいです。さすが日本製というべきなのか。
日本製ってなにが違うんでしょうね。仕上げが丁寧なのか、検品が厳しいのか。
幅が広く、男性用のジーンズはもちろん、袴も大丈夫です。
クリップにはしっかりした滑り止めがついており、濡れた袴もしっかりつかみます。
もうワンランク上の、重いほど安定するという「タヤクリップ」仕様のボトムハンガーと悩んだのですが、少なくともこのハンガーにしてから袴が落ちたことはありません。
この仕上がりで、5本セットで2000円以下というのも嬉しいです。プラ製でもしっかりしたハンガーは結構高いんですよね。
そして、なによりもデザインが良い。シンプルでシルバー一色。素晴らしい。

あとは耐久性です。購入してから半年以上使っていますが、いまのところ難はありませんし、まだまだピカピカです。
これはいい買い物でした。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。