スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「バビロンの大富豪」を読みました



「バビロンの大富豪 繁栄と富と幸福はいかにして築かれるのか」を読みました。
ストーリー仕立てなので読みやすく、あっという間に読めました。
長らくベストセラーになっているだけあって、良書です。
粘土板に刻まれていたという本書の内容は、しみじみと胸を打たれるものがあります。
人の営みの、幸せの、時空を超えた共通性。

この本は、子どもにも読ませようと思います。
スポンサーサイト

エポスカードに申し込みました

私が持っているカードは、主人の家族カードばかりです。
これで何の不自由もないのですが、この先万が一一人になったとき、カードの維持ができないそうです。
あくまで本会員あってのカードですから、家族カードだけを続けて使うのは不可能なんですね。
そうするとクレジットカードが一枚もない状態になるかも、という話で、気になっていたのです。
イオンカードのようなコンシューマ向けならすぐ作れるのでは、という気もしますが
クレジットヒストリーの一切ない老人が申し込むとしたら・・・・審査に落ちる可能性も十分ある気がします。

ということで、今のうちに自分名義のクレジットカードを持つことにしました。
主婦にも発行してくれて、店舗が近く、年会費無料で、などの条件から探し、
エポスカードに申し込むことにしました。

エポスカードは、マルイが発行しているカードです。
私が考えるエポスカードの押しポイントは以下の4点です。

1.VISAブランド
一枚目のクレジットカードとしてVISAはもっておきたいので。

2.『マルコとマルオの7日間』で10%オフ
1割引きになるのは大きい。マルイ系で買い物することもあるので。

3.年会費無料のゴールドカードにできる可能性
インビテーションが来た場合は、なんと年会費無料だそうです。これはうれしい。

4.海外旅行保険が自動付帯、かつ保障内容が充実している
年会費無料のカードで、自動付帯なのは、ありがたいことです。

はじめは、イオンカードに申し込んで支払いを集中させてゴールドに、と思っていたのですが、
家族カードとはいえすでに二枚も持っており、管理上も煩雑になりますし、
海外旅行保険で死亡保障の手厚いイオンカード+治療保障の手厚いエポスカード、というのも良いように思って
まずはエポスカードを選びました。

ネットから申し込みましたが、発行は早かったですね。
カード利用すれば、すぐメールで通知が来ます。楽天カードと同じサービスですが、通知が早いです。
このサービスも便利。

今後は、エポスゴールドカードを夢見てエポスカードに支払いを集中させる予定です。がんばるぞ~

2016年度の資産棚卸をしました

2016年度の収支について。
実はまだ現時点では清算が済んでいない明細もあるのですが、ざっくりとした棚卸をしました。
クレジット決済でも、購入時点で家計簿に計上しているため、その部分は各口座の残高集計から引く必要があります。
ちょっと面倒ですね。
やっぱり3月くらいに棚卸するのが合理的かなあ。

全体的に言えば、こどもの進学などもあり、貯蓄率が若干落ちた一年になりました。
それでも2014年よりは良い数字ですので、細かい無駄遣いをやめることがいかに重要か、改めて実感しました。

今回、全体支出に占める各費目の割合を初めて算出してみましたが、
税金+社会保険料はおどろきの高割合。
子ども手当で多少は戻ってくるわけですが、これは、子どもがいないご家庭はすごい金額になりそうですね。

一方で、教育費は支出全体の5%くらい。
あれ、意外と少ない?
まあ、やる気がないことを無理やり習わせることもないので、今後のためとっておくかな。

進学費用は、大学入学までに一人あたり500万円用意、と思っていましたが、上乗せして、700万円用意することにしました。
15歳くらいになった時点で予算を伝え、10代後半からの自己投資の資金配分を自分で考えさせるつもりです。

あとは老後費用ですが、退職時目標額まで現在のペースなら達成できると思います、、が、、、
この貯蓄ペースがどれくらい維持できるのか、教育費がかかる時期にどの程度赤字がでるか、によりますね。
よし、今後、10年スパンの課題は見えてきました。

この数年間、年2回ほど資産の棚卸をすることで、それなりの貯蓄が確保できることが分かったのですが、
なんとなく、「消費することへの不安」が残っています。
今年は、予算を立ててからの家計管理に挑戦してみようかな?ちょっと面倒くさそうだけど。

がんばるぞー。

ベルメゾンにてテレビ台(家具)を購入しました

テレビ台を長らく探していました。が、なかなか条件が合うものがみつからなかったのです。
オーダーも考えましたが、どうしても費用は高めになります。
子どもが大きくなってきて教育費もかかる昨今、そういう余裕もないなあと思っていたところ・・・

見つけました。
おなじみベルメゾンの家具・収納コーナーにて、我が家の条件にぴったり合うものが。

我が家の場合、既存の家具に並べて違和感がないよう、
奥行きは40センチ、オーク材(突板か無垢)、シンプルミニマルなデザイン、この三つが条件でした。
とくに、サイズは、D400×W1200~W1400というのが必須だったので、なかなか見つからず・・・
大塚家具やカリモクなどでも探したのですが、奥行きが大きいんですよね。

ディノスやベルメゾン、楽天などでもたまに探していましたが、そもそもオーク材の商品がそう多くありません。
既存の家具がオーク材突板なので、これは譲りたくない。サイズも譲りたくない・・・ということでなかなか買えなかったのです。

ところが、久しぶりにベルメゾンの家具を見ていると、ずいぶんオーク材の商品が増えています!
これはうれしい、どうしたことでしょう。

私はオーク材の素材感が好きなのです。
硬く丈夫な実用性はもちろん、新品の色味も変化した色味も、特徴的な虎斑も、ブナほどすべらかでない木目も、
つまり、いかにも「木材です」という見た目と実用性のバランスが好きなんですね。
そして、オーク材やナラ材は、デザインにより和洋どちらの雰囲気にも寄せられます。

我が家にはメープル材やブナ材の家具や小物もありますが、大型家具はほとんどがオーク材です。
まあ、お値段もわりとするのですが、家具は大きくて毎日目につきますから、素材感が好きでないと辛いかなと思います。
ちなみに夫は、木の素材感は好きですが、種類までは頓着しません。
もし夫がガラス素材や鏡面好みだと喧嘩になるところですが、そうでないのはありがたいことです。

夫をはじめ子どもたちにもカタログに見せて相談し、いいんじゃない?ということで
現物を見られないデメリットは覚悟しながら、ベルメゾンさんで注文しました。
中国製ですが、メーカーは野田産業さんで、商品もしっかりしていて、いいお買い物でした。
お値段も4万円弱とうれしい価格。
ベルメゾンさんありがとう。

ベルメゾンネット

「あれか、これか」を読みました



野口真人さんの「あれか、これか 本当の値打ちを見抜くファイナンス理論入門」を読みました。
面白かったので一気に読んでしまいました。
とくに、第6章と第7章は、現代ポートフォリオ理論と、オプション取引についての説明が分かりやすく、ためになりました。
なるほど、そういうことだったのかーと。

入門書ということなので、もう少し踏み込んだ説明がほしいときにはどういうテキストがいいのでしょうかね?
今後も、こういう、敷居の低い解説書が増えてくれることを期待したいと思います。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。