喘息の子の敷布団・マットレス事情

喘息の子どもの敷布団。悩ましいですよね。

わが子は、乳幼児期、私と一緒の布団(羊毛混三層敷布団、8,000円くらい?)で眠っていました。
そして、喘息を発症しました。
ちなみに、同じように寝ていた兄弟は喘息ではありませんので、体質なんでしょうね。

喘息を発症してからは、敷布団はそのまま、布団カバーをダニゼロックSPに買い替えました。
また、アレルギー外来のある小児科に通い、吸入器を使い始めました。
毎日の吸入+ダニゼロックカバー+寝具への掃除がけで、発作で眠れない日々とはさようならできました。
が、風邪気味になれば高確率で発作が起きますので、発作止め吸入薬がお守りでしたね。

乳幼児はよく布団を汚しますし、ダニゼロックは高価なシーツで、何枚も用意できません。
そこで、敷布団にダニゼロックSPカバーをかけ、その上に市販の綿の敷パッドを敷いてそれを日々洗濯する、という方法を取っていました。敷パッドは安いものを選び、汚れたらすぐ取り換えたり買い替えたりしていました。
ダニゼロック自体を洗うのは月一回くらいで、普段は掃除機をかけるだけです。

その後引っ越して、ベッドに寝るようになりました。
大人のベッドは通常のものを購入しましたが、こどものベッドは、折りたためるものにしました。
ベッド下の掃除がしやすいからです。

床からの高さは36センチ。床上30センチはホコリを吸いやすいそうなので、それ以上の高さがあるもの、日々の折り畳みができるだけ楽にできるものを。
このベッドの上に、敷布団+ダニゼロックシーツ+敷パッドだと寝辛さがあり、折り畳み可能な薄いウレタンマットを追加しました。
寒い時期には、敷パッドの上にさらにパシーマを追加することもあります。

時は流れ・・・子どもも10代になり、もう喘息発作はほとんど起きません。
毎日の吸入もしておりません。走ってもヒューヒューいいませんし、すっかり丈夫になりました。

敷布団は余っているものに入れ替えたりしていたものの、煎餅布団になってしまいました。
ウレタンマットレスも経年劣化して、もう意味がない感じです。
折り畳みベッドはまだまだ大丈夫です。あまり劣化はしていないので、マットレスや敷布団を買い替えればよさそうです。

さて、喘息発作が出なくなったいま、
ベッドマットレス+ベッドパッド+ベッドシーツ、に変えていいものか。思案中です。
ベッドシーツはダニゼロックを使ったとしても、マットレス全体を覆うものではないので、敷布団用よりは効果が低いのでは?という気もします。それに、厚さのあるマットレスの裏表に日常的に掃除機をかけるのは現実的ではありません。
掃除の面では今のままがベストのような気もしますが・・・。
どうするかな。アレルギー非対応の親のベッドでしばらく寝かせてみてから決めようかな。

投資信託の乗り換えをしました

毎月コツコツ積み上げている投資信託。
現在、アメリカや日本の株高を受けて利益が乗っています。

わが家が積み立てで買っているのは、
eMAXIS バランス(8資産均等型)
セゾン投信・バンガード・グローバルバランス
ニッセイ外国株式インデックスファンド
以上の3つ。ちなみに、それぞれ名義は別です。

このうち、セゾン投信はそのまま積み立てを継続します。
子ども口座であり、かつ、少額積み立てで、変更するのが面倒だなというのが主な理由です。
他社から魅力的な投信が次々発売されるなか、信託報酬下げないのかな?という思いはあります。
資金流入が滞るようなことにでもなれば乗り換えかなーとも思いますが、とりあえず継続です。

eMAXIS バランス(8資産均等型)は、なんと、ほぼ同じ内容なのに信託報酬が安くなっただけという、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型) が新発売となったんですよね。
いやいやいや、既存の投信は値下げせず、ほぼ同じ内容で新発売ってどうなの・・・
釈然としないまま、旧8資産の積み立てを中止し、Slim8資産の積み立てをしつつ様子見していたのですが、どうにも信託報酬の差が大きくて気になる。
NISA口座でもないので、乗り換えたら税金かかっちゃうわけですが、もう完全に乗り換えることにしました。
そもそも8資産均等を選んだのは、シンプルに1本でね!という気持ちが大きかったわけです。
その8資産が2本もあるなんて、シンプルとは言えませんし。
現在は株高な気もするので、売却分は時間分散させ積み立てていくつもりです。

ニッセイ外国株式インデックスファンドは、個別株の配当金やバイト代などを原資に、コツコツ少額積み立てをしてきたものです。
換金予定が当面ない(リスクが取れる)原資であるので株式のみの投信にしよう、 全世界がいいんだけど手数料高い、ということで、次善の策として選びました。

で。このたび、楽天証券さんから目玉商品が出ましたよね。
楽天・全世界株式インデックス・ファンドです。
先進国株式だけではなく新興国も含んだ、まさに全世界の株式が対象です。
この投信、新興国にも投資できて手数料が安い。VTを買っていくだけというのも良い。
VTいいな、買い換えたいな、とずっと思いながらも、為替だの二重課税だのが気になって踏み出せなかったVTへの投資。
まさに「待ってました!」という気分なんです。
というわけで、乗り換えます。

ネット証券は、SBI証券と楽天証券を使っていますし、住信SBI銀行と楽天銀行も使っています。
ハピタスGetMoney!といったポイントサイトから銀行口座や証券口座を開設すると、ポイントが貯まります。FX口座ほどではなく、オマケ程度ではありますが。

個別株はいろいろ考えることも多いですが、全世界にコツコツ投資するのは何も考える必要がなく、楽でいいですよ。
全世界に分散投資してもダメなら、諦めもつくんじゃないですかね。こういうときもあるよね人類、って思えるかなって。

ポイントサイトあれこれ

いろいろ登録しているポイントサイト。
利用するサイトが限定されてきたことや、管理が煩雑なので、メインとなるポイントサイト以外を解約しようかと考え中です。

頻繁に利用しているサイトは、だいたい、3つですねえ。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
GetMoney!は利用頻度が高いポイントサイトの一つです。
理由はシンプル。YAHOO!ショッピングの還元率が高い(2%)
YAHOO!ショッピングは最近、還元率が高いキャンペーンを開催することが多く、Tポイントも使えるため、利用頻度は高めです。
なので、今のところは、YAHOO!ショッピングを利用するならGetMoney!経由、ですね。
GetMoney!のポイントはアマゾンギフトに交換することが多いです。

ちなみに、アマゾンを利用するときは、エポスカードの「たまるマーケット」経由です
エポスポイントが2倍貯まります。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
ハピタスは、いま、一番よく使っているポイントサイトです。
けっこう高還元で、使いやすい。これにつきますね。
ざっくりと、Yahoo!ショッピングとアマゾン以外はだいたいハピタス経由。これであまり間違いない。
細かく見れば最高還元でない場合もあります。ありますが、1%以上の差があるわけでもない感じ。
1ポイント=1円で分かりやすいし、アマゾンギフトへの交換レートも有利だし、もうハピタスでいいじゃん、みたいな。
いまは、楽天市場もハピタス経由です。1%還元なので普通といえば普通なんですが。

ハピタスのマイナス点は、会員登録時に携帯電話番号など、電話認証が必要なことですね。これは面倒くさい。
スマホ利用が前提なのでしょうか・・・。
私の場合、固定電話から電話して登録しました。
今のところ、スマホで買い物はしていません。スマホだと手軽すぎて衝動買いしてしまいそうで。
買い物は比較検討したいですし、複数の情報を集めるには、まだパソコンのほうが使いやすいと感じています。

最後に、地味にコツコツ、SBIポイント
SBIポイントは、LOHACOの還元率が2%なので、利用頻度は高いです。
また、SBI証券で投信を保有・売買すると、SBIポイントがもらえます。
地味にコツコツ、毎月SBI証券で投信を購入していますから、いつの間にか貯まっています。
(SBI証券からSBIポイントに振り替えしなくてはいけないので、ちょっと面倒)

SBIポイントは、Tポイントに交換(即時交換)し、SBIポイントサイト経由で、LOHACOで使います。
SBIグループの間でぐるぐる回っている感じ?


さて、それ以外のポイントサイトにも多数登録中ですが。。。どうするかな。
中途半端なポイントが残ってるサイトが多く、交換まで頑張って貯めるかな。
ポイント寄付システムがあるサイトなら、寄付するかな。

秋です。喘息持ちのための布団 

長じるにしたがって、あきらかに症状が上向きになっているこどもの喘息。
それでもまだ、コントロールが必要です。
喘息のこどもにとって、寝具が重要なのは言うまでもありません。

とくに秋は、アレルゲンが増える季節。夏にはざぶざぶ洗えるパシーマ一枚でなんの問題もなかったのですが、秋からの布団選びが悩ましいのですよね。

子どもの喘息がわかってはじめに試したのは、ダクロンの中綿を使った二枚合わせの布団でした。

16,000円くらい。
2枚合わせなので通年使えていいだろうと思ったのですが、冬になると、親の羽毛布団にもぐりこんでくるようになってしまいました。
そうだよね、真冬の羽毛ふとん、気持ちいいいもんね・・・。
それで結局、冬には使わなくなってしまいましたが、実は、このダクロン綿の肌掛け、春や秋の季節には使い勝手がいい。中綿が0.6キロくらいで、これがいい塩梅なんです。中綿1キロにもなると冬用布団のようなボリュームが出て、もう羽毛でいいじゃん、という気がしますし。
どうしてもドレープ性(ふとんが体にフィットするかどうか)では羽毛に劣りますがが、パシーマを内側に掛けることでカバーできます。

パシーマ。7,000円くらい。薄いのに、高性能かつ汎用性と耐久性もあり。
せっけん洗剤で洗う限り、すばらしい肌触りを何年も維持できちゃう。
掛けてよし、敷いてよし、洗濯すればすぐ乾く、まさに万能寝具です。
※絶賛してますが、別にパシーマの回し者ではありません。
ちなみに、パシーマで作られた敷きパッドのサニセーフも買いましたが、我が家の場合はイマイチでした。
敷きパッドだと敷くしかないじゃないですか。パシーマなら掛けるのも敷くのも両方いけますから。

というわけで、喘息もちのための秋布団は、ダクロン綿の肌掛け布団+パシーマです。
さらに寒くなれば、羽毛布団を出すことになります。

愛用10年、リバーライトのフライパン

リバーライトの鉄製フライパン、26センチ。
10年前に楽天市場で購入したものです。5500円でした。
鉄製のフライパンは鉄分を適度に摂取できるようになり、貧血に効果があるとか聞いて買ったような記憶があります。


6000円+消費税。私が買ったときより少し値上がりしています。10年前だからなあ。
このフライパン、26センチですが底面が少々小さいのです。
ハンバーグやステーキなどを4人分一気に焼きたいときに、ちょっと狭苦しい。

それで、同じく26センチで底面が平らで重い鉄フライパン(1000円台の安い商品)も買いました。
リバーライトは比較的軽量で取り回しがいいので、炒め物やスクランブルエッグやお弁当のおかずなどに。
平らで重い鉄フライパンはハンバーグやステーキ、餃子を焼くときなどに。
この10年同じように使ってみて・・・

リバーライトはきれいです。鍋肌は光ってさえいます。10年たっても錆は一度も出たことがありません。
もう一枚のほうは・・・取りきれない焦付きもあり、錆にも悩まされました。
頑張って手入れすればきれいになるので、ぶっちゃけると私の扱いが雑なだけなんですけどね・・・

逆に言えば、リバーライトは雑な扱いであっても錆にくく、きれいに使える鉄フライパン、ということですね。
まあ、お値段も高いのですが。ティファールを数年で買い替えていたことを思えば、そう高くないようにも思えます。
あと10年でも20年でも余裕で使えそう。
一生ものという売り文句は伊達じゃないということか。

ただ、底面が狭いのはほんと・・・そこだけが・・・と思ってたら


底面が平らのリバーライトも発売されていたんですね。
ひょっとしてこれ一枚で済ませられる万能フライパンなのでは!?と思いましたが、1700gもあるんですね。うーん、これは重い。
今使っているリバーライトの軽さは正直ありがたいので、うーん、どうかなあ。

うちには中華鍋もあります。いただきもですが、これがまた、重くて手入れも面倒。どうしても、というときにしか使っていない、使いたくない。
どうせならリバーライトの中華鍋に買い替えて、雑に適当に、毎日のように使えるものにしたい。
問題は大きさだなあ。一度買えば10年20年使えるのはもう間違いないので、料理の手順や使い勝手をよく考えて選ぼうと思います。